いきなり、姿勢が命!なんて言われても、分らないですよね。
これは、「姿勢は命を左右するほど大切なもの」という意味で言っただけなんです。

姿勢・・・されど、姿勢ですよね!!よく言われることに、
「姿勢=健康度のものさし」
なんて言葉がありますよね。

つまり、姿勢の良さが体調を良くすることにつながるということです。
健康に関心ある皆様の中には、姿勢を気を使われている方が多いかと思います。

その一つが、「アレキサンダー・テクニック」という姿勢術です。

これのポイントは、
「頭を肩からできるだけ離す」
というものです。どんな作業をする場合でも、頭を胴体から引き離すように、
すっと持ち上げ、体がその動きについていくようにします。

そうやって、バランスをできるだけとり、
体の各部分が連携していくように体を動かすのす。

頭と肩をできるだけ離す!
すると、自然と腰も伸びる!
とにかく、気づいたら頭と肩を離す!
自然と、背筋も伸びてきます。

もう一つのコツをお伝えしましょう!

「立腰(りつよう)」といいます。立腰とは、文字通り、「腰を立てる」姿勢のことで、
ポイントは、腰骨をうんと前へ出すことにあります。
上体はそらさずに、力を抜いてフワッと軽くしておくとよいでしょう。

椅子に腰掛けている時は、背当てからむしろ背中を離すぐらいの姿勢にします。
腰骨と背当ての間に、握りこぶしが一つ入る隙間をあけるとよいかもしれません。


<立腰のやり方>



腰骨をうんと前に出す。

お尻を後ろに引く。

イスに座ったときは、とにかく
「胸を張って、お尻を後ろに引く!」です。

Illustrated  by Y.Ishikawa

(なお、今回の内容は、書籍「からだと心を癒す30のヒント」より参考にさせていただきました)