“抗がん剤”は“発がん剤”!?

私達を辛い症状から解放してくれる薬には、副作用がついてまわるのは
医学が進歩した現代でも根本的には変わらないですね。

特に即効性のある薬になればなる程、その副作用は強くなると言われています。

だってそれほどに強力な作用を持つから“薬”として使われているんですもの!
効果、そして副作用の大きい薬の代表格として“抗がん剤”がありますね。

この抗がん剤について、こんな見解があるんです!


★*★*★*★*★*★*★*★*★
知っておきたい健康常識①
★*★*★*★*★*★*★*★*★

【“抗がん剤”は体内で大量の“活性酸素”を生成】
【“抗がん剤”の副作用は“酵素不足”の最たる症状】
【解説】抗がん剤投与により発生した活性酸素は
がん細胞のみならず正常な細胞まで攻撃。
この活性酸素と闘うために大量の酵素が消費され、
酵素不足による悪影響が副作用として現れる。 

★*★*★*★*★*★*★*★*★
知っておきたい健康常識②
★*★*★*★*★*★*★*★*★

【“抗がん剤”は体内で大量の“活性酸素”を生成】
【“抗がん剤”の副作用は“酵素不足”の最たる症状】
【解説】抗がん剤投与により、大量に失われた酵素を補うことのできない体は、
正常に機能することなく、その細胞もまた変異していく。
結果また新たにガンを作ることにつながる。


“薬”と“毒”はまさに紙一重!

でも、辛い症状を我慢して薬を飲まないというのも考え物。
ストレスだって体にダメージを与えますから!

大事な事は副作用を考慮した上で薬だけに頼らず
一時的な対処として上手に薬を利用することですよね。

※弊社による情報提供またはアドバイスは、あくまでも参考のために供されるものです。
正確性・信頼性等については保証されているものではありません。