健康食品、健康器具の裏事情って何かあるの?

そう思われた方も、いらっしゃるかもしれません。
ご存じないかもしれませんが、
私は健康業界に10年以上いました

その中で、健康食品をどのように作り、
どの流通経路で販売していくのか?
また、よく臨床データを出しながら、
お偉い先生方が登場して、
それっぽく信用をつけたり、
医療認可を取ったり、特許を取ったり、、、、
色々な場面に遭遇してきました。

そこで、私が見たものは???

外側の印象とは、違うものでした。
こんなことを言うと健康業界に対し、
敵を作るようなことになるかもしれませんが、
やはり、言うべき事は言ってかないと・・・。

一消費者としてどのような基準でもって、
これから健康グッズを選んだら良いのか?
主観が入ってしまいますが、
元健康業界営業マンから見た裏事情をお話します。


健康食品の裏事情


健康食品編

スティック状のものは、利益主義
「持ち運び便利」、「毎回、2袋ずつ飲めばいいから楽」
なんてという見方もできますが、
そもそも栄養を十分に補助させたいのであれば、
最初から2袋分を1袋にまとめればいいことの話。

また、30袋入り 〇〇〇〇円をいうのは
「一ヶ月後にまた注文してね」という
企業側の都合により仕組んだものです。

できれば「一人につき1袋(1箱)で1ヶ月以上もつ」という商品が
良心的=本当に消費者側に立って造っているものと言えるでしょう。


カルシウムが…、ビタミンが…、〇〇がこんなに豊富!!!は疑え
そもそも一つの食品で、バランスのいい栄養が取れる
なんて思わない方がいいと思います。
また、カルシウム剤、ビタミン剤などたくさんの栄養補助食品がありますが、
そもそもある栄養素だけ抽出したものは、
自然のバランスが崩れ、体の中に入っても吸収しきれず、
尿や便で排泄されてしまいます。たとえそれが天然のものであっても同じです。


有効成分を抽出したものの裏

「●●から有効成分のみを抽出、
濃縮したものを独自の××製法で低分子化し、体内吸収を云々」
こんな表現は聞いたことあると思います。

「ニンジンからベータカロチンを」
「ブルーベリーに含まれるアントシアニンを抽出し云々」
これは、「抽出した以外の他のものは、捨てました」と告白しているようなもの。

また、この表現そのものがそもそも、
医薬品と同じ方向に走っていませんっ?
であれば、とっくに医薬品になっていますよ!

栄養学的に見ていいといくら言っても、別の次元で見た場合、
それは単に不完全な食品に他なりません。

食べ物そのものに栄養のバランスがあり、
そして、体内に吸収できるかどうかは、自然そのままの状態がいいのです。


健康器具編

健康器具もピンキリです。まず、ダイエット器具はやめておきましょう。
「最話題の〇〇」という表現のものもダメ。 すぐ、すたれます。

この業界に関わって、業者の方本人自ら、
10年以上使っているという商材は、ほとんどないということを私は、知っています。

「最近話題」にしているのはマスコミであって、
「本当に健康に効く」から話題になっているわけではありません。
多くの方が買っているから話題になっているだけ。

「金魚運動器」「EMS(電流を流して筋肉を鍛える運動法)」
去年爆発的に売れたのに、今や名前すら出てきません。

業界人は、また別な商品を売ろうと企画しています。

マスコミに踊らされないで!!!