お水は生きていく中で絶対必要なもの。でも、水道水そのものが、塩素がたくさん入っていて、まるで毒のように汚染されているよう・・・。だから絶対に水道水は飲まずに、浄水器のお水を飲みたい o(TヘTo) !!でも、ちょっと待って・・・。浄水器と言っても、ピンからキリまでありますよね? (?´・ω・`) さ〜どうしましょう???

浄水器の種類


活性炭は、いわゆる“炭”の一種。表面積が広く、表面にあいた細孔内に有機物を吸着します。昔から広く使われており、信頼できる吸着剤です。
活性炭は塩素を吸着するために、活性炭を通した水に細菌が、繁殖するとも言われているため、銀をコーティングして抗菌性を持たしたものが主流です。

ストローのように筒状の糸を何本も束ねて、その中をから水がろ過されて出る仕組みです。
これは活性炭と組み合わされて使われることが多く、ろ過することで不溶性微粒子や細菌を除去できます。

実験用超純水製造装置にも用いられている、直径が0.0001ミクロンという微細な穴が無数にあいた膜を通すことで、不純物がほとんど含まない純粋な水を作ることができます。
NASAの宇宙飛行士がおしっこをこの逆浸透膜に通して飲料水にすることでも有名です。

水を電気分解し、アルカリイオン水と酸性水を作る装置。
アルカリイオン水の原理は水を電気分解し、陰極(-)側に集まる水がアルカリイオン水で還元力があり、カルシウムなどを多く含む。

今現在、最もマスコミ、雑誌でもてはやされているタイプ。
還元水が、体の中に繁殖しすぎた過剰な活性酸素を除去するといいます。

高温で焼結したセラミックの一種で、表面の無数にあいた穴に有機物や硬度成分を吸着します。合成洗剤の水軟化剤として添加され、
イオン交換樹脂が普及する前には軟水器にも使われていました。

しかし、浄水器に使用する程度の短時間での処理能力は活性炭より劣ると思われます。

アルミナなどが主成分の自然石で、不純物を吸着し、ミネラルを補給すると宣伝されていますが、不純物の吸着データは示されていません。ミネラルがどの程度増えるかのデータも示されていないので、その効果は不明です。

水道管に永久磁石を挟むだけで、水が活性化されるそうですが、
非科学的であり、原理的に話になりません。
イフを紹介している私が言うのも変ですが「怪しい水?」の一つです。

そんで、色々あげましたが、実際のところどうなのさ!
ということですよね!!!

この点について、波動を感じ取れる、イフの開発者の木村先生の見解を聞きました!

藤井 「木村先生、浄水器はもうイヤというほど出ていますが、 本当に人間の健康や自然治癒力にいい浄水器というのは 何なのでしょうか?」
木村 「こんなことを言うとビックリされるかもしれませんが、私は、昔アルカリイオン水を販売した経験があるので浄水器に関しては、多少詳しく語れるのではないかと思います。

確かに、今アルカリイオン水が主流を占めているのですが世間的には、医療用具として厚生省認可されたり、アルカリ体質を造るという意味では、いいものというイメージがあります。

確かに、効く方はいらっしゃるのですが。私自身は、根本的に電気分解という人工的に+−と極端に分かれさせることについては、決していいものではないと思っています。

これは、磁気的な作用を与えているような磁化水のような浄水器についても同じです。


ただし、、、


善玉菌と悪玉菌があったとすると善玉菌だけが良くて、悪玉菌が全て悪とするような分け方は、部分的なことだけを見て いるだけで、全体を見ていないような気がします。


善玉菌と悪玉菌とのバランスがあって、そのバランスが少し善玉菌優位にある方が、とても自然だと思いますね。


水も同じですね。


極端にいいものは、短期的にはいい結果が出ても、それが長期になった場合、自己発動させるべき自然治癒力が、 その力に押されてしまって、弱まってしまうこともあるんです。」


ある特定の目的のために短期的に使用するのは、問題は少ないと思われますが、電気的にといいますか、人工的に分けられたお水を、長期的に飲み続けるというのは??というのが、木村先生の考えのようです。


<補足>
皆さんは、「ビルカバンバ」「コーカサス地方」という名前を聞いたことはあるでしょうか?知っている方は、よく知っているでしょうが、以前「長寿村」として有名になった場所です。

その長寿村の秘訣は、飲み水であると報道され、一躍有名になりました。お水の分子のことをクラスターと呼ばれ、そのクラスターが細かいほど「いいお水」と言われたのです。

(日本でも、つい数年前まで「クラスターの小さい水ができる浄水器」という宣伝文句で、もてはやされた時期がありました)


世界中の人たちが長寿を夢見て、次第にその地方に移り住む人たちが増えてきたとのこと。誰でも、その水を飲みさえすれば、長生きできると思ったのですね。


ところが、西洋から来た現代人の肉食の食文化そのものは、変えることはしなかった結果、ついには、その地方は短命村に変わってしまったのです。


健康とは、水さえすれば、手に入れられるというほど、単純ではないということが、分かっていただけるのではないでしょうか?
(確かに水は大切ですが)


※お水や浄水器に関しての見解は、人によって全く異なります。
正直言って、私はお水の裏事情を知っています。

 
数年前、お水の権威であり、本も何冊も出版している先生のご自宅に、縁あってお邪魔したことがあります。
さぞ、凄い浄水器を使っているのではないかと思いましたが、台所には、どこにでも売っているよ浄水器が。。。


先生このお水はどんなお水ですか?私は聞きました。
すると先生は


「普通の浄水器だよ」


と一言。その後よくよく聞いて見ますとお水は、100年研究しても、解明出来ないだろうと言われているくらいで、どんな医者でも科学者でも、本当にいい水かどうかは分からないらしいのです。

世の中、そんなものかも知れませんね。


ちなみに、木村先生が、お薦めしています浄水器は、あの「料理の鉄人」でもおなじみの「シーガルフォー」です。電気を通さず、本当に不純物を取り除くことができ、しかも出てくるお水の性質が、自然であり、あの脳幹活性する「イフ」と似た波動を持っているとのことです。