一般的に健康にいいと言われているものでも、陰陽の観点から見ると、季節やタイミングなどによっては、実は必ずしも良くないものもあります。
そんな例をあげます。


(ケース1)
×体を冷やす野菜 トマト、レタス、きゅうり、なす、じゃがいも、もやしなど(ただし、夏に適度に食べるのはいい)
〇体を温める野菜 にんじん、ごぼう、レンコン、かぼちゃ、白菜、だいこん、かぶ、山芋、ねぎ、たんぽぽ
(※ひじきやレンコン、にんじんのように土の下奥に生えるような食べ物は、陽性で体を温める働きがあります。反対にサトウキビのように、空に向かって、上に元気よく生える食べ物は、陰性で体を冷やします。

上に向かって生えるか?下に向かって生えるか?例外はありますが、簡単には、このようなイメージで食べ物の陰陽を判別することができます)

(ケース2)
×体を冷やすお茶 緑茶、紅茶
〇体を温めるお茶 体を温めるお茶:番茶(もちろん無農薬)、茎茶、ルイボスティー
(意外と思われるかもしれませんが、基本的にお茶は体を冷やすものが多いです。「カテキンがたくさん含まれているから」とか「活性酸素を除去するから」という理由で、お茶を選ぶのは少し考えた方がいいと思います。)

その他 体に良くない食べ物(常識編)
添加物(防腐剤・香料・着色料全般→カップメン・ポテトチップ・スナック菓子など)、甘いもの(ケーキ・ジュース・缶コーヒー・チョコレート・まんじゅう・あんこ・果物など)ドライイースト・イーストフード・イースト菌で作られたパン(天然酵母で作られたものはOK)、乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ・バター・マーガリンなど)、お酒(アルコール飲料全般、ビールは、コーンスターチが良くないが、「麦芽100%のモルツ」なら、まだマシとのこと)、煙草、化学調味料、健康食品(化学物質でできている不自然なビタミン剤など)