この世の中、本当にたくさんの健康法がありますよね。

最近では健康に関するテレビ番組や雑誌がたくさんあり、情報も数え切れないほどあり、どれが本当にいいのか判断がつかない人は多いのではないでしょうか?

私は、幼い頃から身体が弱かったので、ありとあらゆる健康法の情報を集め、勉強し、そして実際に試してきました。

テレビや雑誌に出てくる情報を信じて…

ある先生は、「マイナスイオン」がいい!!と言う。
ある先生は、「遠赤外線」がいい!!と言う。
ある先生は、「トルマリン」がいい!!と言う。
ある先生は、「サウナや半身浴」がいい!!と言う。
ある先生は、「コラーゲン」がいい!!と言う。
ある先生は、「プロポリス」がいい!!と言う。
ある先生は、「ザクロ」がいい!!と言う。
ある先生は、「アミノ酸」がいい!!と言う。
ある先生は、「キチンキトサン」がいい!!と言う。
ある先生は、「ウコン」がいい!!と言う。
ある先生は、「○○酢」がいい!!と言う。
ある先生は、「マカ」がいい!!と言う。
ある先生は、「DHA」がいい!!と言う。
ある先生は、「アロエ」がいい!!と言う。
ある先生は、「青汁」がいい!!と言う。
ある先生は、「アガリスク」がいい!!と言う。
ある先生は、「カルシウム」がいい!!と言う。
ある先生は、「牛乳」がいい!!と言う。
ある先生は、「天然塩」がいい!!と言う。
ある先生は、「○○茶」がいい!!と言う。
ある先生は、「備長炭、竹炭」がいい!!と言う。
ある先生は、「パワーシール」がいい!!と言う。
ある先生は、「樹液シート」がいい!!と言う。

本当にたくさんの健康法、健康グッズ…

私は、「テレビで○○がいいといえば、そちらを試し、雑誌で△△がいいといえば、あちらを試す」マスコミの情報に踊らされているのは分かっていながらも「健康になりたい!」とい一心で全てやってみました。友人や妻からは「あなた、バッカじゃないの?。何で、こんな胡散臭いものばかり買うの?」といわれてしまう始末!?

なぜ、そこまでこだわったのかというと、「一刻も早く、この虚弱な体質から逃げたかったから」です。嫌味な奴と思われるかもしれませんが、当時、そこそこ経済的には不自由していませんでした。だから、早く健康を手に入れたいという一心で、世間的に「いい」といわれるものは、一通り試してきました。

実はその結果は、散々でした。結論からいうと何をやっても、全部ダメだったんです。「健康状態は全く変わっていない」現実だけが残りました。もちろん、健康のことなので「これさえやれば、絶対大丈夫!」なんて期待するのは、無茶であること位は分かります!

でも、「なんとかしたかった!」
正直、そんな思いは、今でもあります。私の熱狂的な「健康オタク」ともいえる行動は、見事に失敗に終わったのです。とはいっても、なんで私がこんなことやっているのかご理解いただけないでしょうね。

挨拶が遅れました、私、藤井淳と申します。
私は、幼少から身体が弱かったこともあって、健康のことに関心が強く、気づくと健康食品や健康器具などを販売する健康業界に10年いました。そんな環境の中で、数千という健康法と健康食品、そして、数百人の先生と呼ばれる、治療師、医師、薬剤師、他の医療従事者、そして数万人の健康に悩む方と会ってきました。

そして、健康業界にいた私だからこそ、気づけたことがありました。それは、

「世の中、ウソばっかり!」

理論、理屈でねじ伏せようとしていますが、人それぞれ向き不向きというものがあるのです。突き詰めて調べてみると、偶然うまくいっただけ?で健康になれるかくたる証拠は見当たりませんでした。

そもそも、多くの健康法は、本当に人間の健康のために役に立つものなでしょうか?それとも、業者の宣伝文句なのでしょうか?

実は、全ての健康法それぞれに、いい品質のもの、そうでない物があって、

「やってみないと分からない!」というのが現実なんですよね。

例えば、体に良いとされている「コラーゲン」、「プロポリス」「ザクロ」「アミノ酸」「アガリスク」「カルシウムサプリメント」、この手のものは、一時的に栄養を補う目的で使うのはいいのでしょうが、「根本的に劇的に体質の変化をさせるもの」ではありません。

とは言っても何のことを言っているのかよく分かりませんよね。では、もう少し具体的にお話します。コンビニに行くと栄養ドリンクってありますよね。1本150円から2,000円位まで様々ありますが。毎日欠かさず飲んだとしますよね。これで本当の意味で健康になれると思いますか?冷静に考えれば、その答えはすぐに分かりますよね。

栄養は、確かに必要なものですが、ある特定の栄養素を必要以上に取ったとしても、それがすぐ健康につながるほど、単純なものではありません。そもそも、人それぞれ体質が違いますので、一概にどれが体にいいとはいうのは、断定して言うことはできないのです。

この問題を解決するために、このホームページを作りました。
健康業界に長く携わっている経験と私自身の体調がすぐれなかった結果を加味して、本当に役立つ情報をお届けしたいと思っています。そこでまず、詳しいことをお話しする前に、読者の方は、私のことを知らない人がほとんどだと思いますので、私がどんな人物か、簡単に述べたいと思います。

実は私、小学生の時から体が弱かったのです。というか、虚弱体質でした。

よく、学校の朝礼のときに貧血で倒れる奴っていませんでした?
突然、「バタンっ!」って!!

実は、私がそうだったんです。おまけに、男のくせして、冷え性で、顔も青白くて、顔の作りはよかったのに(?)女の子にはモテなかった!「俺って何で、こんなに不健康なんだろう!」そんな思いをずっと、持ち続けながら、学生生活を送っていました。

だから、思ったのです。健康関連の会社に就職すれば、健康になれるはずだ!と。だって、サンプルは使い放題だもの!!こうして、私は、社会人になってから健康食品のサンプルを使いまくりました。さらに「健康」に関するテレビを見、本をかたっぱなしから読みまくりました。おおよそ、常識的に体にいいと言われるものは全てやりました。その当時、自分がやったことと言えば…

  1. 今でいう、み○もんたの「お○いっきりTV」、「発掘!あるあ○大事典」のような健康番組を録画し、そして復習した。
  2. 暇さえあれば「健康・美容雑誌」を購読し、必勝○○健康法のような興味をそそる「いい健康法」、「いいサプリメント」を探しました!もちろん、無料でもらえるものは、全てサンプル請求しました。

ところが、私や健康マニアの人たちには、ある共通する悲しい事実があったのです。それは…「決して、健康ではなかった」ということ。

私は、この現象をどのように考えたら良いのか?とても、悩みました。
「なんで、こんなに健康に対して熱心なのに不健康なんだろう」と。

さらに、私には追い討ちをかける出来事がありました。それは、健康器具を販売している会社に勤めてから3年後のこと。他の社員の例外にもれず、いつの間にか、仕事にのめり込み、ハードワークの過労で倒れてしまったのです。健康を売り物にしている業界人が、健康でない!不健康そうな顔をしながら、健康を売っているのは、どう考えてもおかしい。そう感じました。

さらに自分が倒れて、ようやく気づけたことがあります。自分の人生を振り返って見たとき、健康に関して今まで私は、「総額数百万円と20数年間」というお金と時間を費やして無駄にしていることに。正直、この気づきは、遅すぎました。これが、色々やっていた末の結論と考えると異常に空しく、悲しくなりました。

このように、私が試した健康グッズのほとんどが私の健康には無意味なものでした。しかし、そんな中でも自分の経験的に「これは!」と思ったものがあります。数は極端に少ないのですが。そんな自分の経験をもとに、本当に役立った情報をつたえていきたい!と思っています。